インターナショナル・バイブル・スタディー

インターナショナルの学生を対象としたバイブル・スタディーが、マンハッタンのアップタウンにある、ファースト・バプテスト教会で行なわれています。f0230587_2323333.jpg


ファースト・バプテスト教会の創立者の牧師さんは、
アメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンに洗礼を授けたそうです。












ここがメインの礼拝堂です。(↓)
f0230587_23221863.jpg

f0230587_23223190.jpg
これが礼拝堂の後ろ側です。2階席があります。(↑)

バイブル・スタディーの会場は、この教会の地下。

このインターナショナルの大学生を対象としたこの働きは、アメリカに滞在している間にキリストの愛を分かち合い、実際にもアメリカの文化に適用できるためのサポートを行なっています。 このミニストリーはいろいろな教会の方々や宣教師の方々が協力して行なっているようです。

その日は、イースターを前に早めのイースター特別集会でした。

この日のプログラムは、手作りのお食事の後、賛美、ゲーム、証(体験談)、メッセージ、ディスカッション。
ブラジルの女性のお証は次のようなものでした。彼女は、イエスさまに出会って、この方は、自分がどうであれ、どんな失敗をしても愛してくださる、自分が悪かったとき、赦して下さいと言えば、赦して下さるだけでなく、その罪を覚えておられない、と、神さまの愛の大きさに感謝し感動して語っておられました。 中国からの留学生も、6年前にアメリカに来て「なんで食事の前に祈るの?」「神様が父って何?」というカルチャーショックの中で、神さまを知って、ここまで支えてもらったことを感激して話されました。f0230587_23395775.jpg
f0230587_23232411.jpg

メソジスト教会の牧師さんが、Lost in Translation と題して、メッセージを語ってくださいました。 ご自分が旧ソビエトのウクライナに留学していたときの体験を基に、文化の違い、言葉の問題のゆえに、いろいろな行き違いと共に、新たな視点を与えられたことを、面白く語り、いろいろな文化背景から集まっている学生たちに、とても共感を与えていました。
そして、神様は私たちを愛しておられるから、私たちが何をしたらよいか、これからどこに行くのかと、地上でうろうろ迷っているままにされない、イエス・キリストは神であられる方が人となって、私たちに分かるように来てくださった。そして、身代わりの死、よみがえり、永遠の命を語ってくださいました。皆さん引き付けられて聞いておられました。

私も大学のとき、キャンパスクルセードという大学生を対象とした働きで、日本に来て下さったアメリカからの宣教師の方々を通して神さまのことを教えてもらったことをなつかしく思い出して、感謝の思いが込み上げてきました。 私の場合は、「神さまが愛」と教えてもらい、そんな神様聞いたことない?!という驚きがスタートでした。 この働きが祝福されますように!
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2014-04-07 12:52

スーパーボウル2014年コマーシャル

今年のスーパーボウルは2月2日(日)。 スーバー・ボールとは、米国プロ・アメリカンフット・ボール(NFL)の優勝決定戦です。 アメリカ最大のスポーツイベント。 

そのテレビ中継は、毎年アメリカの全テレビ番組のNO.1の視聴率を記録し、世界的にも多く視聴されているそうです。 スーパーボウルのコマーシャルは、約1億人に見られるということで、大手企業が資金を惜しみなくつぎ込み製作されているそうです。 その内容もまた楽しみの一つとされ、スーパーボウル開催前から、各社のコマーシャルが紹介され、どのコマーシャルがすぐれているか、話題となっています。

その中で好評を博している、バッドワイザー社のコマーシャルを紹介します。
タイトルは ”Puppy Love (子犬の愛)”。  
引き取られるのを待っている犬たちの中で、一匹の子犬が隣の牧場の馬を慕う心温まる内容となっています。



いかがでしたか? かわいいですよね~。 約1年前から企画・製作を始め、子犬と馬が触れ合うシーンの一こまを撮影するため、当然ながら何回ものやり直しがあったそうです。
バッドワイザー社の商品のビールが一度も出てきませんが、さてその宣伝効果は?

ところで、インターネットを通して、聖霊さまの力によって、神さまの愛、イエス・キリストのよき知らせが全世界に伝えられますように ♪  宣伝しましょう ♪
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2014-01-31 00:38

マンハッタンのクリスマス 2013年12月

12月25日クリスマスの日、マンハッタンへ車で出かけました。 普段と違って、交通量がとっても少ないです。
f0230587_914235.jpg
ニュージャージー側からマンハッタンへ入ると、すぐ、メトロ・バプテスト教会があります。 ここはよく、ホームレスの方々に無料で食事を提供していて、長い列ができているのを何回か見かけたことがあります。
f0230587_921161.jpg
これはブライアント・パーク。マンハッタンのミッドタウンにあります。 冬の間は、各種のお店がテントで臨時出店しています。奥には、小さなスケートリンクもつくられます。
f0230587_92386.jpg
ラジオ・シティーというミュージックホールは、クリスマス・スペキュタクラーというショーを毎年クリスマスの頃、上演しています。日本でいう宝塚のような女性たちが踊り、大人も楽しめるショーだそうです。
f0230587_93828.jpg
マンハッタンの5番街は、宝石のティファニーなど、世界的に有名なお店、高級店が並びます。 ビルのイリュミネーションが、見ごたえがあります。赤いリボンでくるまれているような建物は、フランスの宝石、高級時計のブランド、カルティエです。f0230587_932878.jpg


今日は、22F(-5℃くらい)で、ものすごく冷え込みました。 観光客も、道端で売っているニット帽子など買ってしまうのではないでしょうか。
f0230587_93561.jpg
ここは、ロックフェラーセンターです。 マンハッタンのクリスマスを象徴するクリスマスツリーが立っています。 毎年、クリスマス用の大木が、ここに運ばれます。 冬はスケートリンクもつくられます。 小さなスペースで、みなくるくる回っているので、目がまわらないでしょうかね。
f0230587_94127.jpg
これは、5番街にあった、聖トマス教会というカトリック教会です。 入り口には12月中旬からの、クリスマス礼拝の案内が出されていました。 旅行者用の礼拝もありました。
f0230587_942979.jpg
中に入ってみると、礼拝中で、全席埋め尽くされているようです。  実は、撮影禁止でしたが、そのマークを見る前に写真を撮ってしまいました~。f0230587_945228.jpg


この寒空の中、通りでサックスフォーンを演奏している人がいました。
f0230587_95810.jpg
中央に、雪の結晶の形のイリュミネーションがあるのが分かりますか? これは、クリスタルでできた、ユニセフの雪の結晶のライトです。
f0230587_95211.jpg
さらに、アップタウンに歩くと、セントラルパークへ。 観光客を乗せた馬車がたくさん出ていました。 
f0230587_953692.jpg
冬でもたくさんの人たちがセントラルパークには集まっていました。 また、池がスケートリンクになっているようです。 大都会の中のオアシスと言われているセントラルパークは、広大で、とても気持ちがいいです。
クリスマスのマンハッタンを散策して、約2時間半~3時間。 この寒さの中では、このくらいでちょうどよかったです。 
クリスマス・・・ どんなプレゼントよりも、イエス・キリストがこの世に来てくださった、神さまからのギフトより尊いものはありませんね♪
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-12-25 08:59

2013年感謝祭パレード(Macy's Thanksgiving Parade 2013)

11月の最終木曜の感謝祭の日、マンハッタンの老舗デパート、メーシーズ主催の感謝祭パレードがマンハッタンで行なわれます。
f0230587_12513056.jpg
朝9時~12時の3時間。 今年は、32F(0℃)前後と寒く、強風も心配され、今年は直前まで中止されることも懸念されましたが、無事執り行われました。
いつもと違う対応は、巨大バルーンがいつもより低い位置であったこと。 おそらく、風にあおられないようにとの対処ではないでしょうか。
f0230587_12554533.jpg
f0230587_12501235.jpg
公開している写真は、ほとんど後半だけになってしまいましたが、出だしの、ブロードウエイで上演されているミュージカルのキャストたちが一部、歌と踊りを披露してくれるのが、私の一番の楽しみです。

今年の感謝祭は11月28日(木)ですが、ユダヤ教のハヌカの祭と重なったそうです。 これは1888年以来で、今度、同じ日になるのは7800年後だとか。
f0230587_12522992.jpg
感謝祭は、1621年、ピルグリムファーザーズが、ワンパノアグ族を招待して、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるそうです。
f0230587_12561886.jpg
いずれにしろ、この一日だけでなく、「すべてのことに感謝しなさい。」(Iテサロニケ5:18)とあるように、すべてに、日々神さまに感謝することを教えられている恵みに感謝しています♪
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-11-28 12:30

NYC市長選2013年-ユダヤ系候補者がいない

今年は、2013年11月5日にニューヨーク市長選挙が行われます。 この時期、時間帯によりますが、テレビのコマーシャルに、立候補者らの宣伝が入れ替わり放映されています。

ブルームバーク現市長は、任期満了となるため、今回の選挙戦には出馬できません。 ヒラリー・クリントン氏にニューヨーク市長の職について打診されましたが、断られたそうです。
f0230587_993062.jpg 話は脇にそれますが、ブルームバーグ市長は、ユダヤ系アメリカ人で、経済界で成功し、世界でも有数の大富豪です。 市長の職に就いてからは給料は受取らず、事実上の無償契約を行う際は1ドルということで1ドルの報酬をもらっていました。
私財を投じて市の働きや災害の復旧活動、チャリティなどへの多額の寄付をされていることもよく知られています。

さて、今年のニューヨーク市長選には、ユダヤ系の候補者がいないことが注目されました。 これは1965年以来4回目のことだそうです。
一方、今年の市長選は、人種、性別、性的傾向についても多様化しています。候補者のクリスティン・クイン氏(女性)はアイルランド系で、同性愛者であると公表し、実際同性婚をしている。
ビル・デブラシオ候補者は、イタリア・ドイツ系で、アフリカ系の女性と結婚。
候補者ジョン・ルイ氏は初めての台湾系。
候補者ビル・トンプソン氏は黒人と、今年のニューヨーク市の選挙戦は、NYCの多様性を反映しています。

1973年にユダヤ系アメリカ人のアブラハム・ビーム市長が当選して以来、ニューヨーク市ではユダヤ系の候補者が出馬するのは通常のことでした。

ところで、ニューヨーク市長の初のユダヤ系アメリカ人のビーム市長の歴史的な勝利以来、何が変わったのでしょうか。
それはユダヤ系の数です。1950年代にピークとなったユダヤ系アメリカ人人口200万強以来、徐々にその数は減っています。
ユダヤ系と認める人110万人の市民のうちの大半は、ハスディック(厳格な宗教的な)正統派ユダヤ教信者の集団です。 市のユダヤ系の子供たちの4分の3以上がハスディック(厳格な宗教的な)であり、大人の多くは、イスラエルに行き来しています。 ニューヨーク市の新しいユダヤ系の人口は過去に比べより保守的になっています。

f0230587_9103071.jpg
(写真→仮庵の祭りの日、マンハッタンで見かけたユダヤ系アメリカ人ら。)

多様性を象徴する国連本部のあるニューヨーク市では、すべての人が声を聞いてほしいと願っています。
どの人種背景の人が次期市長になろうとも、経済赤字、税問題、重圧は多文化です。

<参照元>http://www.policymic.com/articles/19726/nyc-mayor-race-2013-no-jewish-candidates-a-sign-of-shift-in-nyc-demographics
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-09-03 05:48

シティ・バイク (Citi Bike)

f0230587_22425570.jpg
 マンハッタンでは自転車専用レーンがどんどん整備され、貸し自転車が市内、100箇所以上に設置されています。 貸し自転車の数は1000台以上。
 あるバイクステーションから、行き先のバイク・ステーションに戻すというもの。

 気になるお値段は、年間パスで、$95.プラス税金。一日、たったの26セント!と売りに出しています。 24時間パス、1週間パスもあります。 つまり、ニューヨークシティで生活する人のためのものですね。
車の渋滞、地下鉄もよく工事等のため遅延やルート変更がありますから、自転車なら快適に動けます! 歩道は走ってはいけないので、車のほうはもっと運転しにくくなりますね。
f0230587_22434248.jpg
 これに便乗して、スケボーで移動する若者たちもよく見かけるようになりました。
自転車道の整備で、より移動しやすくなったというわけです☆
f0230587_2341587.jpg

[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-07-11 23:06

ワールド・トレーディングセンター1-西半球で一番高いビルへ

f0230587_945833.jpg
2013年5月10日、ワールド・トレーディングセンター1ビルの尖塔部分の設置が行われました。 これをもって、ワールド・トレーディングセンター1ビルは、西半球で一番高いビルとなりました。 高さは1,776フィート(541.3メートル)です。
f0230587_963449.jpg
(上の写真はNBC,Todayより)
同時多発テロによって2001年9月11日に崩壊させられたツインタワーの2つのビルがあったところのすぐ北側に位置します。 設置取り付けが終了すると、USA、USAの歓声と拍手、涙する人もあり、この悲惨なテロを体験した人々にとっては感動的な出来事だったようです。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-05-11 09:03

養子をお勧めします!

アメリカ国内だけで法的に親がいないとされる子供たちが約13万人もいるそうです! それら里親で養われている子供たちを、養子に引き取って、いつまでも変わらない家族となってくれる人たちをさがす運動があることを知りました。 それを知ったきっかけは、以下のテレビ番組です。

NBCのTODAYという朝の番組に、女優であり、脚本家、ディレクターであるバーダロスさんがイ出演しました。 バーダロスさんは、「インスタント・ママ」とう本を書き、出版されたことでインタビューされました。
f0230587_11275982.jpg
彼女は子供がほしくて、13回も不妊治療を受け、何回も養子を試みたが失敗しました。ついに、里親制度で養われていた3歳の女の子を養女として引き取りました。
その子が7歳となった今、本の中で、自分のこれまでの養子の取り組みの過程を書き表し、多くの人たちに養子を考えてもらいたい、できるなら、赤ん坊の時期を過ぎた子供たちを養子にすることを勧めています。

バーダロスさんは、アメリカ国内で養女を探しましたが、あらゆる国に家庭を必要とする子供がいます、と語り、本の中でも25ページを割いて、国際的に養子をする方法についても紹介しています。

里親制度の子供たちは、アメリカでは情報開示義務によってどのような経歴があるのかは養子を考えている家族に知らされなければらないことになっているそうです。

2000年より、毎年、11月の感謝祭りの前の土曜日が「国の養子の日」と定められ、バーダロスさんはそのスポークスマンになっています。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-04-04 10:54

冬の暖かいコートをください

毎年冬になると、コートを募るキャンペーンがニューヨーク市で行われます。
f0230587_5292550.jpg

ABCニュースは、今年6周年となるコートを募る運動を、コートを中心とした商品を売る大型チェーン店と提携して行っている。 昨年は、100万のコートに達成したが、今年は、ハリケーン・サンディーの被害を受けた人々にも必要があるということで、これまでになく集まっているそうだ。
f0230587_5282994.jpg

このコートを集める運動は、テレビ・コマーシャルでも宣伝されている。 New York Cares というNPOの団体によるもの。 ホームレスの人の90%は、毎冬、新しいコートを必要とする。というのも、彼らは夏の間、コートを保管しておく場所がないからである。 昨年は7万8000のコートを集めた。 しかし、今年は、ハリケーン・サンディの被害者も助けるべく、40万のコートを目指している。
この団体は、1980年代後半から、ニューヨーク市が直面していた深刻な社会問題に対応するために設立された。 ニューヨーク市にいる恵まれない 40万人の方々を様々な形で支援しているそうだ。

なお、New York Cares は、ニューヨーク市の5つの区(マンハッタン、ブロンクス、ブルックリン、スタテンアイランド、クイーンズ)の各区にある、教会、社会奉仕団体、学校、またはシェルターに、必要のある方はもらうことができる場所を設置している。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、ニューヨーク市では、貧富の差はますます広がり、2011年は貧困率が過去10年以上で、最大になったそうだ。 マンハッタンは、特に、貧富の方々の収入格差が世界のどこにも見られないほどになっている。 富裕のトップ5番目までは、貧困のトップ5番目の給料の40倍以上という格差にまで広がっている。
(http://www.nytimes.com/2012/09/20/nyregion/rich-got-richer-and-poor-poorer-in-nyc-2011-data-shows.html?_r=0)

“ウオール街を占拠せよ”の富裕層への抗議デモの背景を垣間見たような気がした。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-12-10 05:39

アメリカ人の宗教観の変化-プロテスタント過半数割れ

f0230587_0265192.jpg10月9日にピュー・リサーチ・センターから、アメリカ人の宗教観の変化についての新しいデータが発表されました。 アメリカ人成人の5人に1人は、伝統的な宗教の教団には属していないと語っており、 これはアメリカ人の霊的なアイデンティティーの、空前の改造を示しているそうです。 以下、その報告の一部を抜粋してお届けします。

どの宗教にも属さないとするアメリカ人の数は速いペースで伸び続けている。 今日、5人に1人のアメリカ人(30歳以下の成人の3分の1)は、宗教に属していないと自称しており、この数は、ピュー・リサーチ・センターのアンケートでこれまでの最高のパーセンテージである。

しかし、新しい調査によれば、アメリカの4,600万人の宗教に属さないという成人の多くは、ある程度宗教的であるか、霊的であることも分かっている。 つまり、3分の2の人(68%)は神の存在を信じており、半数以上(58%)は、自然と大地との深い関わりをしばしば感じている。 さらに、宗教に所属しないとするアメリカ人の多くは、教会や他の宗教的機関は、共同体の絆を強め、貧しい人を援助することで、社会に貢献していると考えている。

f0230587_1195969.jpg

宗教に属さないというグループが過去5年の間、大幅に大きくなった一方、プロテスタント人口の割合は小さくなった。 2007年では53%の成人がプロテスタントであると自称していたが、2012年前半では48%のアメリカ人成人、半数以下がプロテスタントであると認めている。

この減少は、福音派と主流派ともに、白人のプロテスタント信者に集中している。 現在、アメリカ人白人の成人の19%が、ボーンアゲン(新生)または福音派プロテスタントであると認めている。

カトリック信者の人口は、あまり変化がない。一つにはラテン・アメリカからの移民のためである。

また、聖書は文字通り受取られるべきであるとするアメリカ人のパーセンテージは、ギャロップのアンケートによれば、1970年終わりから1980年初めは、約38%平均であったが、それ以降、31%平均に落ちている。


<http://www.pewforum.org/unaffiliated/nones-on-the-rise.aspx より一部抜粋して翻訳>
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-10-12 08:35