NYC市長選2013年-ユダヤ系候補者がいない

今年は、2013年11月5日にニューヨーク市長選挙が行われます。 この時期、時間帯によりますが、テレビのコマーシャルに、立候補者らの宣伝が入れ替わり放映されています。

ブルームバーク現市長は、任期満了となるため、今回の選挙戦には出馬できません。 ヒラリー・クリントン氏にニューヨーク市長の職について打診されましたが、断られたそうです。
f0230587_993062.jpg 話は脇にそれますが、ブルームバーグ市長は、ユダヤ系アメリカ人で、経済界で成功し、世界でも有数の大富豪です。 市長の職に就いてからは給料は受取らず、事実上の無償契約を行う際は1ドルということで1ドルの報酬をもらっていました。
私財を投じて市の働きや災害の復旧活動、チャリティなどへの多額の寄付をされていることもよく知られています。

さて、今年のニューヨーク市長選には、ユダヤ系の候補者がいないことが注目されました。 これは1965年以来4回目のことだそうです。
一方、今年の市長選は、人種、性別、性的傾向についても多様化しています。候補者のクリスティン・クイン氏(女性)はアイルランド系で、同性愛者であると公表し、実際同性婚をしている。
ビル・デブラシオ候補者は、イタリア・ドイツ系で、アフリカ系の女性と結婚。
候補者ジョン・ルイ氏は初めての台湾系。
候補者ビル・トンプソン氏は黒人と、今年のニューヨーク市の選挙戦は、NYCの多様性を反映しています。

1973年にユダヤ系アメリカ人のアブラハム・ビーム市長が当選して以来、ニューヨーク市ではユダヤ系の候補者が出馬するのは通常のことでした。

ところで、ニューヨーク市長の初のユダヤ系アメリカ人のビーム市長の歴史的な勝利以来、何が変わったのでしょうか。
それはユダヤ系の数です。1950年代にピークとなったユダヤ系アメリカ人人口200万強以来、徐々にその数は減っています。
ユダヤ系と認める人110万人の市民のうちの大半は、ハスディック(厳格な宗教的な)正統派ユダヤ教信者の集団です。 市のユダヤ系の子供たちの4分の3以上がハスディック(厳格な宗教的な)であり、大人の多くは、イスラエルに行き来しています。 ニューヨーク市の新しいユダヤ系の人口は過去に比べより保守的になっています。

f0230587_9103071.jpg
(写真→仮庵の祭りの日、マンハッタンで見かけたユダヤ系アメリカ人ら。)

多様性を象徴する国連本部のあるニューヨーク市では、すべての人が声を聞いてほしいと願っています。
どの人種背景の人が次期市長になろうとも、経済赤字、税問題、重圧は多文化です。

<参照元>http://www.policymic.com/articles/19726/nyc-mayor-race-2013-no-jewish-candidates-a-sign-of-shift-in-nyc-demographics
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-09-03 05:48

シティ・バイク (Citi Bike)

f0230587_22425570.jpg
 マンハッタンでは自転車専用レーンがどんどん整備され、貸し自転車が市内、100箇所以上に設置されています。 貸し自転車の数は1000台以上。
 あるバイクステーションから、行き先のバイク・ステーションに戻すというもの。

 気になるお値段は、年間パスで、$95.プラス税金。一日、たったの26セント!と売りに出しています。 24時間パス、1週間パスもあります。 つまり、ニューヨークシティで生活する人のためのものですね。
車の渋滞、地下鉄もよく工事等のため遅延やルート変更がありますから、自転車なら快適に動けます! 歩道は走ってはいけないので、車のほうはもっと運転しにくくなりますね。
f0230587_22434248.jpg
 これに便乗して、スケボーで移動する若者たちもよく見かけるようになりました。
自転車道の整備で、より移動しやすくなったというわけです☆
f0230587_2341587.jpg

[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-07-11 23:06

ワールド・トレーディングセンター1-西半球で一番高いビルへ

f0230587_945833.jpg
2013年5月10日、ワールド・トレーディングセンター1ビルの尖塔部分の設置が行われました。 これをもって、ワールド・トレーディングセンター1ビルは、西半球で一番高いビルとなりました。 高さは1,776フィート(541.3メートル)です。
f0230587_963449.jpg
(上の写真はNBC,Todayより)
同時多発テロによって2001年9月11日に崩壊させられたツインタワーの2つのビルがあったところのすぐ北側に位置します。 設置取り付けが終了すると、USA、USAの歓声と拍手、涙する人もあり、この悲惨なテロを体験した人々にとっては感動的な出来事だったようです。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-05-11 09:03

養子をお勧めします!

アメリカ国内だけで法的に親がいないとされる子供たちが約13万人もいるそうです! それら里親で養われている子供たちを、養子に引き取って、いつまでも変わらない家族となってくれる人たちをさがす運動があることを知りました。 それを知ったきっかけは、以下のテレビ番組です。

NBCのTODAYという朝の番組に、女優であり、脚本家、ディレクターであるバーダロスさんがイ出演しました。 バーダロスさんは、「インスタント・ママ」とう本を書き、出版されたことでインタビューされました。
f0230587_11275982.jpg
彼女は子供がほしくて、13回も不妊治療を受け、何回も養子を試みたが失敗しました。ついに、里親制度で養われていた3歳の女の子を養女として引き取りました。
その子が7歳となった今、本の中で、自分のこれまでの養子の取り組みの過程を書き表し、多くの人たちに養子を考えてもらいたい、できるなら、赤ん坊の時期を過ぎた子供たちを養子にすることを勧めています。

バーダロスさんは、アメリカ国内で養女を探しましたが、あらゆる国に家庭を必要とする子供がいます、と語り、本の中でも25ページを割いて、国際的に養子をする方法についても紹介しています。

里親制度の子供たちは、アメリカでは情報開示義務によってどのような経歴があるのかは養子を考えている家族に知らされなければらないことになっているそうです。

2000年より、毎年、11月の感謝祭りの前の土曜日が「国の養子の日」と定められ、バーダロスさんはそのスポークスマンになっています。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2013-04-04 10:54

冬の暖かいコートをください

毎年冬になると、コートを募るキャンペーンがニューヨーク市で行われます。
f0230587_5292550.jpg

ABCニュースは、今年6周年となるコートを募る運動を、コートを中心とした商品を売る大型チェーン店と提携して行っている。 昨年は、100万のコートに達成したが、今年は、ハリケーン・サンディーの被害を受けた人々にも必要があるということで、これまでになく集まっているそうだ。
f0230587_5282994.jpg

このコートを集める運動は、テレビ・コマーシャルでも宣伝されている。 New York Cares というNPOの団体によるもの。 ホームレスの人の90%は、毎冬、新しいコートを必要とする。というのも、彼らは夏の間、コートを保管しておく場所がないからである。 昨年は7万8000のコートを集めた。 しかし、今年は、ハリケーン・サンディの被害者も助けるべく、40万のコートを目指している。
この団体は、1980年代後半から、ニューヨーク市が直面していた深刻な社会問題に対応するために設立された。 ニューヨーク市にいる恵まれない 40万人の方々を様々な形で支援しているそうだ。

なお、New York Cares は、ニューヨーク市の5つの区(マンハッタン、ブロンクス、ブルックリン、スタテンアイランド、クイーンズ)の各区にある、教会、社会奉仕団体、学校、またはシェルターに、必要のある方はもらうことができる場所を設置している。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、ニューヨーク市では、貧富の差はますます広がり、2011年は貧困率が過去10年以上で、最大になったそうだ。 マンハッタンは、特に、貧富の方々の収入格差が世界のどこにも見られないほどになっている。 富裕のトップ5番目までは、貧困のトップ5番目の給料の40倍以上という格差にまで広がっている。
(http://www.nytimes.com/2012/09/20/nyregion/rich-got-richer-and-poor-poorer-in-nyc-2011-data-shows.html?_r=0)

“ウオール街を占拠せよ”の富裕層への抗議デモの背景を垣間見たような気がした。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-12-10 05:39

アメリカ人の宗教観の変化-プロテスタント過半数割れ

f0230587_0265192.jpg10月9日にピュー・リサーチ・センターから、アメリカ人の宗教観の変化についての新しいデータが発表されました。 アメリカ人成人の5人に1人は、伝統的な宗教の教団には属していないと語っており、 これはアメリカ人の霊的なアイデンティティーの、空前の改造を示しているそうです。 以下、その報告の一部を抜粋してお届けします。

どの宗教にも属さないとするアメリカ人の数は速いペースで伸び続けている。 今日、5人に1人のアメリカ人(30歳以下の成人の3分の1)は、宗教に属していないと自称しており、この数は、ピュー・リサーチ・センターのアンケートでこれまでの最高のパーセンテージである。

しかし、新しい調査によれば、アメリカの4,600万人の宗教に属さないという成人の多くは、ある程度宗教的であるか、霊的であることも分かっている。 つまり、3分の2の人(68%)は神の存在を信じており、半数以上(58%)は、自然と大地との深い関わりをしばしば感じている。 さらに、宗教に所属しないとするアメリカ人の多くは、教会や他の宗教的機関は、共同体の絆を強め、貧しい人を援助することで、社会に貢献していると考えている。

f0230587_1195969.jpg

宗教に属さないというグループが過去5年の間、大幅に大きくなった一方、プロテスタント人口の割合は小さくなった。 2007年では53%の成人がプロテスタントであると自称していたが、2012年前半では48%のアメリカ人成人、半数以下がプロテスタントであると認めている。

この減少は、福音派と主流派ともに、白人のプロテスタント信者に集中している。 現在、アメリカ人白人の成人の19%が、ボーンアゲン(新生)または福音派プロテスタントであると認めている。

カトリック信者の人口は、あまり変化がない。一つにはラテン・アメリカからの移民のためである。

また、聖書は文字通り受取られるべきであるとするアメリカ人のパーセンテージは、ギャロップのアンケートによれば、1970年終わりから1980年初めは、約38%平均であったが、それ以降、31%平均に落ちている。


<http://www.pewforum.org/unaffiliated/nones-on-the-rise.aspx より一部抜粋して翻訳>
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-10-12 08:35

肥満対策-特大サイズのソーダ類販売禁止

f0230587_5351755.jpg
 (Photo by Chang W. Lee/The New York Times)

ニューヨーク市のレストランや映画館、スタジアムなどできあいの食事を提供する所では、16オンス以上の量のソーダー類の販売が禁止となりました。 ブルームバーグ市長が提案した、この案については、賛否両論があり、反対意見の多くは、個人の選択の自由であり、市がそれを決めてしまうのはおかしい、というものです。 しかし、今日9月13日付けで実施されました。

大型ソーダーとは、砂糖を大量に使ったコーラー、甘い紅茶、スポーツドリンク等の飲み物の特大サイズです。 しかし、店頭での販売はこれまでどおり許されていますので、買うことはできます。

もちろん、これはアメリカの深刻な肥満問題を踏まえての措置であり、アメリカの国としてもこのような禁止条項が可決されたのは初めてだそうです。

個人的には、大量の砂糖を入れた飲み物を売るのは、身体に悪いので、悪いものを売るのはやめましょう、ということで納得しています。 それにしても、色々その背後の業界の利益などを考えるとなかなか実施が難しいようなところ、よく実行されたとも感心します。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-09-13 05:11

9・11追悼

11年前の9月11日と同じような澄み切った晴天の日となった今日、2001年9月11日のテロ事件の追悼記念式典が、ワールド・トレーディング・センター、及び各地で同時に行なわれた。

9・11の同時多発テロは、19人のテロリストによってハイジャックされた3機の飛行機によって、世界貿易センター、ペンタゴンが攻撃された。
8時39分から式典は開催され、ツインタワーの北タワーにアメリカン航空機11便が激突した8時46分には、黙祷が捧げられた。
f0230587_3282093.jpg
遺族の人たちがペアになって、犠牲者の名前をひとりずつ読み上げる。 100組の200人が全員の犠牲者の名前を読み、各組の最後に読み上げる名前は、自分たちの親族で、故人に対する思いや祈り・感謝の言葉を語った。 その中には、目をうるませ、言葉をつまらせる方々が何人もおられた。
f0230587_328143.jpg
<2回目の黙祷> 9時03分、ツインタワーの南タワーにユナイテッド航空175便が衝突した時。

f0230587_328857.jpg

<3回目の黙祷> 9時37分、アメリカン航空機77便がペンタゴン(国防総省の本部庁舎)に追悼した時。
(写真・下) ペンタゴンでも同時に式典が行なわれている。
f0230587_3281065.jpg
(写真・下) 左の女の子は、消防士のお父さんを亡くしました。
多くの犠牲者を出した消防署で、インタビューされた消防士は、「あの時のことはいまだ鮮やかに覚えています。そして、いまだに痛みを覚えています。」と語っていた。
f0230587_3281310.jpg

f0230587_3281589.jpg

<4回目の黙祷>9時59分、南タワー崩壊。
<5回目の黙祷> ユナイテッド93便が、ペンシルベニアのシャンクスビルに墜落。 これはハイジャックされた飛行機の中で唯一失敗に終わった。 標的になっていたのは、ホワイト・ハウスか、首都ワシントンDCであった。 同時多発テロが起こったことを知った乗客の何人かが、テロ犯人に襲い掛かり、食い止めたのである。 飛行機に乗っていた全員が助からなかったが、ホワイト・ハウスにいた職員の5000人近い人々が助けられたことになる。
f0230587_12462039.jpg(写真は、ツインタワー跡に作られた巨大水槽の周りに彫られた犠牲者の名前に、献花する人たち。)
<6回目の黙祷> 10時28分、北タワーの崩壊。
f0230587_3282947.jpg

f0230587_12461260.jpg
(巨大水槽の隣に建築中のビルは104階まで達した。右から2番目の建物。)

f0230587_3270100.jpg
いまだ心の痛みと悲しみをかかえている遺族の方々、知人の方々、これらの方々の人生に大きくダメージを与え、アメリカという国の方向を変え、世界の流れを変えてしまった、この悲惨なテロ事件のことを忘れてはならないと思わされました。
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-09-11 03:51

To Heaven and back (天国へ行って戻って来た)

2012年7月19日にNBCのTodayショーで放映された、臨死体験をした女医さんのインタビューおよびそのストーリーをお届けします!
f0230587_5473977.jpg
13年前、メアリー・ニールはチリの南部ロスリオスで、カヌーに乗っていたとき、霊的な旅に行って来たと言う。 彼女は溺れ、天に行き、天使と話したが、非常に力強いメッセージをもって自分の家族のもとへ戻されたのである。

< まずは概要です。 「  」内は本人の言葉 >
f0230587_548184.jpg
ニールは、カヌーをこいでいた日、どこへ行くことになるかなど想像もしなかった。

「私には子供たちがいて、フルタイムの仕事をしていました。 忙しくて、自分の霊的生活について考えている余裕はありませんでした。」

外科医であり、自称懐疑的であると語る、彼女が死んだ。 彼女のボルトが急流でひっかかり、急流に巻き込まれてしまった。

「私は息ができず、岸からだいぶ離れていて、だれも私の助けに来ることはもちろん、私を見ることもできませんでした。」

ニールは、経験のある救助隊のチャッドとトムと一緒にいたが、彼らはニールが急流でいなくなったのに気がついた。 彼らは安全要綱に従って、時計を計り、15分以上後に、彼女が息を取り戻したのに気がついた。  彼らは彼女が死んだと信じている。

彼女は自分が身体から離れるのを見た。

「私は、つかまれて、慰められ、元気づけられている感覚を体に感じて圧倒されていました。」

そして、彼女は天使のグループがいて、彼女に挨拶をしたと言う。

「天使は、とてつもない美しい道へ私を連れて行き、大きなドームのような建物のほうへ連れて行きました。」

しかし、彼女の時ではない、と言われた。

「私は自分のストーリーを分かち合うように戻されました。」

彼女は家族があなたを必要とすると語られた。 なぜなら彼女の長男ウィリーが死ぬからであると。

 「私は(長男の死が)ある時点になったら起こるのだろうと知っていました。詳しくはわかりませんでしたが。」

10年後、ウィリーは車にぶつかって本当に死にました。

「息子がここにいてくれたらと思いますが、ある時点になったら息子に会えます。」

ウィリーの死後、ニールはベストセラーになる本 “To Heaven and Back(天国へ行って戻ってきた)”を出版しました。 彼女は臨死体験は科学によって説明できると考えていた医師でした。 それが自分の身に起こるまでは。

「死後の世界があるのが分かります。確かにある、と知っています。」
f0230587_554621.jpg

<以下はインタビューです。 Mは、司会者、Nは、メアリー・ニール本人>

M:あなたのストーリーを読んで私が何度も思ったことは、なぜメアリー・ニールなのか? 多くの人々が助けられなかったのに、なぜ彼女は助けられたのか。どう説明されますか。

N:私はその同じ質問を何度も何度も問いかけました。私が愛する人で死んだ人がいますから。
私は戻って来たくなかったです。臨死体験をした人たちのほとんど全員が戻りたくなかったと思っています。

M:それは、美しいから、慰められるから、心地よいからですか。なぜ戻ってきたくなかったんですか。

N:私は全くわが家(故郷)にいると感じたからです。

M:平安だったんですか。

N: ただ平安であったのでなく、自分は神の御国に帰りました。私はわが家(故郷)にいる。それは私の本当に真の故郷でした。

M: あなたはそもそも、宗教深い人ですか。


N: いいえ、以前は特に宗教的であるとは決して言えませんでした。 私は確かに神の存在を信じ、現実以上のものがあると期待していた普通の典型的な人で、私たちがここにいるのに理由があると思っていましたが、私は非常に忙しく、生活の中心的な位置に霊的なものを置いていませんでした。

M:あなたを前にして座ったら全ての人が聞くだろうと思う質問ですが、天使との出会いについて、どのように見えましたか、何と言いましたか。その体験はどのようでしたか。

N: 天使たちは全き愛にあふれていました。あわれみ深く見えた、これは形容ではありませんね。彼らがどのように見えたかはメモをとっておけばよかったのですが、・・・彼らの外見がどうであったかより、神の御国の入り口に行きたかったのです。

M: イエス様に会いましたか。

N: 言うことはとても厚かましく感じるのですが、私がボートにいたとき、イエス様は私をつかんで、慰めてくださっていたと感じています。

M: (イエス様は)私たちが知っているようなイメージでしたか。

N: イエス様は私が行っていた日曜学校の本にあるイメージではありませんでした。でも、髪の毛が何色であったとか、そのようにイエス様を見ませんでした。私が見たのは、限りない親切心とあわれみでした。

M: あなたが天使と会ったとき、あなたは戻る必要があると語られたそうですね。あなたの家族があなたを必要とするから、あなたの息子が死ぬことになるからと。 
私が思うのは、多くの人が死に、その家族は後に悲しみを体験します。それなのになぜあなたは家族のためにここに(地上に)いる必要があると思ったと思いますか。家族が悲しみを体験することになるのに、他の人は取られる(地上に戻ってこない)のはなぜだと思いますか。


N: 私にはすべての答えは分かりません。私の子供の一人は天国から追い返されたんだと言います。私の主要な任務は、戻って行き、私のストーリーを分かち合うことです。私のストーリーは慰めを与え、元気づけ、人々が自分自身の人生を見つめ、神がその人生に働かれているのを見つける思いを起させるからです。

M:あなたは冷笑家(疑い深い人)だといっていますが、お医者さんであり、すべてのことには説明があると言うでしょう。天使を見ること、溺れていたため意識から出たり入ったりさまようことなどの体験は純粋に生物学上あることと分かち合いますか。

N: 私はこれらの体験を必ず分かち合い、受け入れます。 なぜなら私は全く懐疑深い人だからです。 私の体験が4分、5分、6分の長さであったなら・・しかし私の体験は時間が計られていましたが、15分、それには私がいなくなったと気がつく、5分以上の時間を含んでいません。 最低15分、最大で25分という時間を考える時、死に掛けていた脳とは説明できません、脳はそれだけの長い時間生きることができないです。

M: アンケートによれば、89%が臨死体験を信じ、7%だけが信じないと言っています。

f0230587_54997.png
なお、本人のホームページに書かれていた2点を紹介します。

<この本を書いた理由について>

「To Heaven and Back は、チリの南部ロスリオスでカヌーをしていた1999年に私が臨死体験をした時の霊的な旅について書いた本です。この本を書いた理由は、神様の私たち一人ひとりに対する無条件の愛の強さ、完全さ、それは天国のすべてにあらわされていることを人々に知ってもらいたいと何よりも願ったからです。天、私たちの本当の故郷に帰る前に、地上で直面する様々な課題が与えられ、それによって学び、成長し、もっとキリストのようになる助けられる機会が与えられています。 私たちの時間は大変短く、毎日神のビジネスに関わっている必要があります。」

<1999年に体験したことをこんなに長いこと経ってから公表した理由について>

「私は本当は地上に戻りたくなかったという事実が、私のストーリーの重要な部分であると思っています。 カヌーでの事件のとき、私の4人の子供たちは小さく、自分の親しい友達や教会には話しましたが、自分の体験についてあまり語りませんでした。 というのは、子供たちが私にとって戻って来る理由には十分でなかったと思われたくなかったからです。 私は外科医であり、妻であり、4人の子供の母親で、書く余裕もありませんでした。 正直言うと、私は書きたくなかったんです。 私は書く人でなかったし、プライベートを守りたいほうでしたから。 究極的には、神様のタイミングはいつも完全で、私が最初の下書きの原稿を終えたときは、息子が死ぬ数時間前でした。」


<参照先: http://drmaryneal.com/faq.html>

(補足)
◆まだイエス様のことをよくご存知でない方へ

イエス様は神の御子であられ、人となってこの世に来てくださり、私たちの反むきの罪のために十字架にかけられ、3日目によみがえられました。 だれでもイエス・キリストを信じる人は、罪が赦され、神様の御目に正しい者と認められ、永遠の命があたえられ、天のあらゆる祝福を受けるものとされます。 今、心で信じて、この祈りを祈ることで、あなたも永遠の命をうけることができ、天国に行くことができます。

 「イエス様、私はあなたを私の救い主として、信じ受け入れます。
  私があなたに背を向けてきた罪を赦してください。
  いま、私の心の中にお入りください。
  あなたの十字架によって、私に永遠の命が与えられたことを感謝します。
  これからの私の人生を、どうかあなたが導いてください。アーメン。」

[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-07-25 06:06

ニューヨークの鉄道の駅に挑発的パレスチナ・イスラエルの広告

f0230587_11444171.jpg
イスラエルでのパレスチナ人領土が狭められていることを表す、挑発的なポスター広告が、ニューヨークのメトロ・ノース鉄道のプラットホームに出された。これに対し、ユダヤ人コミュニティーのリーダーらが、憎しみ行為につながりうると警鐘を鳴らしました。

「ユダヤ人というと、人々はユダヤ人国家を考えますから、この広告は反ユダヤ主義的なものです。」とマンハッタンを本部とするユダヤ人新聞の編集者、ドヴィド・エフネは言う。
「ユダヤ人はこのようなことが起こるのを何度も見てきました。 いつも、ユダヤ人は犯罪を犯しているというメッセージによって、始まります。」

パレスチナ人領土が狭められているという4つの連続する地図と、470万人のパレスチナ人が国連によって難民と分類されているという見出しの広告代金は、コネティカットに住む元ウオール街の金融業者(84歳)によって支払われました。

イスラエルとパレスチナの平和委員会と称する10人の会員のグループの委員長、
ヘンリー・クリフォードは、「(パレスチナ領土の地図の)事実が扇動的であるなら、扇動的なことなのです。中東のすべては、アラブ・イスラエル対立のウイルスに感染しています。人々は問題の真実を知る必要があります。」と語った。

ユダヤ人リーダーらは、その広告は、大変侮辱的なイスラエルの歴史について語っていないとし、「イスラエルが実存絶滅に直面した事実を述べることなく、パレスチナ領土が1948年の状況から1967年の状況へ移行しているとする地図を表示することは、著しい歪曲である。」と、1967年のアラブ・イスラエル戦争に言及しつつ、アメリカ・ユダヤ人委員会ウエストチェスターの責任者、スコット・リッチマンは語った。

クリフォードは、30日間、メトロ・ノース鉄道の10の駅にポスターを刷るために、2万5,000ドルを支払った。 彼は “高いIQの読者”を探していたため、NY州ウエストチェスター郡を標的にしたそうだ。

クリフォードは、広告の中で重要な前後関係を無視することによって人をだますことが自分の意図ではないと語り、「メッセージは、簡潔に人々に届けられなければなりません」と言いました。

マンハッタンを本部とするユダヤ人新聞の編集者エフネは、こう言う。
「これは、イスラエルが土地横領者で、帝国主義的で、その隣人に無関心だったとして、イスラエルを非難しています。 歴史についていくらか知っている人は誰でも、もっと複雑なことであることを知っています。
最大の敵は無知であり、これらの広告は人々を利用しています。」


<lohud.com ニュースより一部翻訳して転載>
[PR]
# by info_tlccc-ny | 2012-07-12 11:52