<   2014年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

NY発祥の地:サウス・ストリート・シーポート・ミュージーアム(South Street Seaport Musuem)

f0230587_105368.jpg
ローワーマンハッタン(マンハッタン島の南側)にやって来ました。 ローワーマンハッタンに行くと、9・11のテロ以降グラウンドゼロに建てられた、ワールド・トレーディング・センタービル1が、たいていどこからもそびえ立っているのを見ることができます。
f0230587_103421.jpg
さて、今日のお目当ては、というか、たまたま迷い込んだ場所は、サウス・ストリート・シーポート・ミュージーアムです。 ミュージーアムと言っても、一つの建物の中に展示物が陳列されているのではなく、この一角全体がミュージーアムになっています。
f0230587_1024352.jpg
その入り口にあたる場所に、小さな灯台が立っています。 これはただの灯台ではなく、ディカプリオ主演「タイタニック」という映画にもなった、タイタニック船の沈没時にニーヨークのイースト・リバーのほうに立っていた灯台だそうです。1912年4月ニューヨーク・シティに向かうイギリスの旅客船タイタニック。 その当時の灯台をこの場所に追悼の碑として移動してきたそうです。
f0230587_104582.jpg
このポート(港)の歴史は古く、1611年オランダの商人たちによって開かれました。そして19世紀の半ば、帆船が蒸気機関にとってかわるまで、ここは各大陸を結ぶ東部の最大の港の一つでした。
f0230587_1051698.jpg

19世紀初頭の古い建物が残っています。外見の看板はかつてもので、中には新しいお店が入っているところがいくつもありました。
f0230587_1042956.jpg
f0230587_1041226.jpg
f0230587_1035385.jpg

ちなみに、ヨーロッパ人による移住は1613年にローワーマンハッタンのオランダの毛皮貿易の発展によって拡大し、1625年にはマンハッタン島の南がニューアムステルダムと呼ばれるようになりました。

イギリスが入植し始め、1664年にイギリス国王ジェームズ2世はニューヨークと名付け、初代ニューヨーク市長に選出しました。その後、オランダはニューアムステルダム(ニューヨーク)の自治権をイギリスに明け渡しました。
f0230587_11142049.jpg
なお、ニュージャージー州とローワーマンハッタンを結ぶ、ホーランド・トンネルですが、だれかがこれはかつてのオランダ入植にちなんで、その名前がつけられたと言っていました。 なるほどと思いますが、これは、ホーランドという建築家の名前で、20世紀初頭、川の下を通る高速トンネルとして画期的な建築として完成しました。

なにはともあれ、たまたま迷い込んだ場所は、ニューヨーク発祥の地でもありました ♪
[PR]
by info_tlccc-ny | 2014-09-03 09:44