<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

9/11メモリアル博物館(9/11 Memorial Musuem)

f0230587_225564.jpg
9/11記念博物館の開館式が、2014年5月15日に行なわれました。
崩壊したツインタワーの跡地には巨大水槽がつくられ、犠牲者の方々のお名前が水槽の周りに彫られていますが、そのすぐ脇に博物館が建てられました(↑ 写真)。
その見取り図は下記の通りです。 
f0230587_2261815.jpg
総事業費約7億ドルのうち、ニューヨークのブルームバーグ前市長が私財約1500万ドルを投じられたそうです。 また、博物館を運営するため年約6000万ドル、セキュリティだけで年約1000万ドルかかるそうです。f0230587_2252773.jpg


博物館の中には、犠牲者等の約2万枚の写真、遺品、建物や消防車の残骸など当時のものが展示されています。


これから1週間は24時間、遺族の方々のため公開され、一般には5月21日から公開されます(一般の入場料大人24ドル)。 この一ヶ月、すでに2万枚の入場券が購入されているそうです。

(写真は:http://inhabitat.com/nyc/より)
[PR]
by info_tlccc-ny | 2014-05-15 02:41

B&H - 安息日の土曜は閉店

マンハッタンの9番街、中央郵便局とマジソンスクエアガーデンの近くにある、B&Hという、カメラ、ビデオ、オーディオ機器のお店をご紹介します。
f0230587_1245451.jpg
f0230587_1251910.jpg

f0230587_1253235.jpg
何よりも店内を驚いて見回したのは、店員さんのほとんどが、ユダヤ系の方々だったことです。 キッパをかぶっていたり、独特の黒装束に黒のシルクハットをかぶっていたり、もみあげが長くカールしていたり、とすぐに分かりました。 
しかも、ユダヤ教の安息日である土曜は、閉店しています!
f0230587_129481.jpg
そして店員さんのスマ~イル!ニューヨークでは、そっけない店員さんが多いですが、ここのお店の方々は皆、スマイルで歓迎してくれて、親切でした。その点だけは、ちょっと日本でショッピングしている感覚を思い出します。

そして、それほど敷地面積はないのに、これだけの数の充実した商品を置き、丁寧な顧客対応が目をひきました。注文カウンター、サポート・カウンター、支払いカウンター、商品受取カウンターに分かれています。天井にベルトコンベアーのようなものが走っていますが、これは注文商品が、商品受取カウンターへ送られているのです。このように有効なスペース作り、顧客の流れがスムーズに行なわれるような方策がとられています。
f0230587_13037.jpg
私たちが購入した機器は、アマゾンで買うよりも、安く買えました。オーディオ関係に関心のある方、お勧めです。
また、ニューヨークは、イスラエルに次いでユダヤ人人口が多いという、縮図を見れるようなお店です♪
[PR]
by info_tlccc-ny | 2014-05-07 01:24