<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アメリカ(米国)の出生率

アメリカ(米国)での出生率は、ヒスパニック、アフリカ系、アジア系、混血系などの小数派民族が、50.4%を占め、初めて、白人系を抜きました。 
人口からみると、小数派民族のトップを占める、ヒスパニック系が16.7%、アジア系が4.8%、 これらの二つの民族系は、アメリカの全人口の約37%を占めている。 

アメリカ国勢調査局によれば、小数派民族系は、約30年後には、国の全人口の過半数を占めるであろう、また、約10年後には、18歳以下のアメリカ人の過半数となるであろうと予測している。
f0230587_232645.jpg


アメリカの経済の低迷から、移民自体の増加率は増えていないが、出生率の増加傾向からみると、アメリカの人口構成に大きく変化が起こりそうだ。

(←写真は、バス停留所にある、スペイン語で書かれた、家族向け医療保険の宣伝広告です。 )

f0230587_153199.jpg
私の住むニュージャージ州ウエスト・ニューヨークには、中南米系アメリカ人が多く住み、大通りには、多くの中南米系のレストランやお店が並びます。 
f0230587_219582.jpg

なかには、スペイン語だけで英語の表示がなく、意味のわからないものもあります。
かなりのアメリカの商品は、英語にスペイン語の説明が併記されており、いろいろな電話サービスにおいても、英語かスペイン語か言語を選ぶステップがあるので驚きです。
f0230587_156261.jpg

ニューヨークに来てからというもの、これまでなじみの全くなかった中南米の国々の名前や国旗をみかけることが本当に多くなった。 私にとって初めてふれた異国の国という感じです(ノ゚⊿゚)ノ
f0230587_219196.jpg f0230587_2133745.jpg
[PR]
by info_tlccc-ny | 2012-05-23 09:59