新たな9/11レベルのテロ警戒

在ロンドンのアメリカ大使館でアメリカの防衛長官代理が発表された内容です。
全文(原語)は、下記のサイトまで。
以下、一部だけ翻訳したものです。


新たな 9/11 レベルのテロの警告:
トランプの防衛長官がISISの大量殺戮が計画されていると明かす

ISISは、彼らの西側で最も最近の恐怖支配を小さくみせるほどの9/11のような大量虐殺攻撃を計画していると、トランプ大統領の国土安全保障局長が明らかにした。

米国のテロ攻撃防衛の代理長官のエレイン・デューク氏は、小規模のナイフや車両による攻撃は、支持者らから資金を得て、彼らの戦争に従者たちを従事させる手段に過ぎないと警告した。

デューク氏は、ロンドンの米国大使館でこのように述べた。「テロ組織は、ISISやその他のものであれ、9/11と同様な大きな爆破を望んでいます。彼らは航空機を打ち降ろしたいと思っています。その情報は明らかです。

しかし、暫定的に、資金の流れを維持しなければならず、視界を高く保つ必要があり、メンバーの関与を維持する必要があるため、小規模の企みを用い、それで喜んでいます。」

彼女は次のように付け加えた。「テロを起こすことは彼らの目標であり、大型車による攻撃、刃物による攻撃は恐怖を引き起こし、世界を混乱させ続けます。しかし、彼らが大規模な航空機による企てをあきらめたわけではありません。

米国に対するテロ脅威のレベルも、(英国と同様)非常に高いと思います。」


[PR]
by info_tlccc-ny | 2017-10-20 04:20
映画 「Same kind o... >>