9・11追悼

11年前の9月11日と同じような澄み切った晴天の日となった今日、2001年9月11日のテロ事件の追悼記念式典が、ワールド・トレーディング・センター、及び各地で同時に行なわれた。

9・11の同時多発テロは、19人のテロリストによってハイジャックされた3機の飛行機によって、世界貿易センター、ペンタゴンが攻撃された。
8時39分から式典は開催され、ツインタワーの北タワーにアメリカン航空機11便が激突した8時46分には、黙祷が捧げられた。
f0230587_3282093.jpg
遺族の人たちがペアになって、犠牲者の名前をひとりずつ読み上げる。 100組の200人が全員の犠牲者の名前を読み、各組の最後に読み上げる名前は、自分たちの親族で、故人に対する思いや祈り・感謝の言葉を語った。 その中には、目をうるませ、言葉をつまらせる方々が何人もおられた。
f0230587_328143.jpg
<2回目の黙祷> 9時03分、ツインタワーの南タワーにユナイテッド航空175便が衝突した時。

f0230587_328857.jpg

<3回目の黙祷> 9時37分、アメリカン航空機77便がペンタゴン(国防総省の本部庁舎)に追悼した時。
(写真・下) ペンタゴンでも同時に式典が行なわれている。
f0230587_3281065.jpg
(写真・下) 左の女の子は、消防士のお父さんを亡くしました。
多くの犠牲者を出した消防署で、インタビューされた消防士は、「あの時のことはいまだ鮮やかに覚えています。そして、いまだに痛みを覚えています。」と語っていた。
f0230587_3281310.jpg

f0230587_3281589.jpg

<4回目の黙祷>9時59分、南タワー崩壊。
<5回目の黙祷> ユナイテッド93便が、ペンシルベニアのシャンクスビルに墜落。 これはハイジャックされた飛行機の中で唯一失敗に終わった。 標的になっていたのは、ホワイト・ハウスか、首都ワシントンDCであった。 同時多発テロが起こったことを知った乗客の何人かが、テロ犯人に襲い掛かり、食い止めたのである。 飛行機に乗っていた全員が助からなかったが、ホワイト・ハウスにいた職員の5000人近い人々が助けられたことになる。
f0230587_12462039.jpg(写真は、ツインタワー跡に作られた巨大水槽の周りに彫られた犠牲者の名前に、献花する人たち。)
<6回目の黙祷> 10時28分、北タワーの崩壊。
f0230587_3282947.jpg

f0230587_12461260.jpg
(巨大水槽の隣に建築中のビルは104階まで達した。右から2番目の建物。)

f0230587_3270100.jpg
いまだ心の痛みと悲しみをかかえている遺族の方々、知人の方々、これらの方々の人生に大きくダメージを与え、アメリカという国の方向を変え、世界の流れを変えてしまった、この悲惨なテロ事件のことを忘れてはならないと思わされました。
[PR]
by info_tlccc-ny | 2012-09-11 03:51
<< 肥満対策-特大サイズのソーダ類... To Heaven and b... >>